「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップ >> 作品関連情報・解説系 >> ゲームシステムの説明

ゲームシステムの説明 +

 【使用画像について】このページでは、「処女はお姉さまに恋してる」ゲーム本編からのキャプチャ画像、ならびに添付物のスキャン画像を使用しています。これらの著作権はすべてホビボックスさま・キャラメルBOXさまにあります。転載・再利用はしないようお願いいたします。

 【2006/02/21追記】PS2版独自の機能設定について、PS2版限定情報 としていくつか追加しています。ただし、管理人は(追記時点では)PS2のハードは所持しておりません (でした)ので、これらは種々の情報源からの「伝聞情報」となります。ご注意ください。


入学許可証[ウラはマニュアル]   DVD版ユーザーマニュアルの表紙

 このゲーム(CD版)を購入されますと、「入学許可証」*1が付属していたと思うのですが、このウラがマニュアルになっています*2。 実はこのマニュアル、操作系については必要最小限かつわかるように説明されているのですが、それだけでは出てこないところも含めて、ちょっとばかりシステムの説明を。右側はDVD版のユーザーマニュアル。マニュアルらしい体裁になりました*3

インストーラー関係 +

 この項の[ ]内はDVDフルボイスバージョンに関する記述です。

インストーラー画面のメニュー部分

 それほど難しいところはありません。わからないところがありましたら、htmlマニュアルを参照してインストールしてください。「最大インストール」にすると、1.2GB程度[1.5GB程度]の空き容量が必要になりますが、ディスクレスでプレイすることができます。なお、インストール先フォルダは変更できますが、最終フォルダ「処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してる」[「処女(おとめ)はお姉さま(ボク)に恋してるDVD版」]は変えられませんので、ご了承を。指定が終わったら、インストール画面をお楽しみください*4

 このゲームの動作環境に、「DirectX 8.0以上」というのがあります。マイクロソフトさんのサイトでもいいのですが、インストーラーからDirectXを導入することもできますので、古いバージョンを使っている方はこの際アップデートしておきましょう。(バージョン確認の方法は既知の不具合ページを参照ください(dxdiag.exe を実行して確認します)。

 このソフトには「アンケートはがき」がはいっていません。かわりにインストーラーのメニューにある「アンケート」から感想を送れるようになっています(もちろんメーカーのホームページから送っても同じ)。あなたの率直な感想をぜひフィードバックしてあげてください。

メニュー関連 +

ゲーム設定画面

 タイトルメニュー画面については、難しいことは何もないので、とりたてて解説しません。ゲーム設定画面は、タイトルメニューとゲーム内の右クリックメニューの両方から呼び出すことができます。このゲームをより楽しむためには、画面エフェクト(雪など少し重い、というのも事実ではありますが)は「入」にし、効果音や音楽は聞こえるようにしておいた方がいいでしょう。主人公の声は……プレイするみなさんにお任せします(ただし、このゲームの「雰囲気」により浸るためには、主人公の声も聞かれた方がよろしいかと……フルボイスのDVD版が出たことを考えれば、おわかりいただけると思います)。
 ……で、ひとつだけ。メニューを出したまま何もせずに20秒ほど放置してみてください。第一話の予告編ムービーを見ることができます。

【PS2版限定情報】
PS2版では、メニュー放置で第一話の予告編ムービーが見られる機能は「ない」とのこと。

ゲーム画面での操作 +

ゲーム画面中の文章ウインドウ

 ゲーム中の文字ウインドウは、こんな感じになっています。右側にボタンが6つありますが、これについては念のためこちらでも解説しておきます。上から、

文字ウインドウ右側のボタン群
  • オート・モード設定。いちいちクリックしなくてもどんどん先に進んでいきます。切るにはもう一度押します。
  • 既読スキップ。すでに一度通過した部分をスキップします。
    ※ただし、個別ルートにはいると、別のルートで読んだテキストでも、スキップしないことがあります。
  • 次の選択肢までスキップ。既読・未読に関わらず、次の選択肢までスキップします。
  • 直前の選択肢に戻る。思い通りにフラグが立たない、好感度が上がらない場合に便利です。ただし、途中からロードした場合、それ以降に出てきた選択肢にしか戻ることができません。セーブ・ロードとうまく使い分けてプレイしてください。
  • 文章履歴の表示。いままでに読んできた文章を再度確認することができます。詳しくは文書履歴の項参照。
  • 文章ウインドウの非表示。一時的に文章ウインドウを表示しないようにすることができます。画面中を左クリックで解除します。

    【PS2版限定情報】
    PS2版では、たまに画面上に「CHECK!」表示が出ることがあります。このとき十字キーを押すと、PC版では自動表示されていた「注釈」表示を見ることができます。まじめなものが大多数ですが、ところどころ笑えるものもありますので、お見逃しなく。

選択肢の表示 +

ゲーム画面での二者択一選択肢

 きわめてオーソドックスな二者択一方式の選択肢です。どちらかを選び、話を先に進めましょう(場所によっては三者択一になることもあります)。

右クリックメニュー +

ゲーム画面での右クリックメニュー

 ゲーム中にデータのセーブ・ロード・設定の変更をしたい場合には、ゲーム画面で右クリックすると、左のようなウインドウが出てきます。なお、クイックセーブ・ロード機能はありません。あしからず。

データ・セーブ(保存) +

データ・セーブ画面

 セーブは40個所までできます。同種のゲームの中では、比較的少ない方かも知れません。効率的に使ってください。以前に使っていない場所だけでなく、データがセーブされている場所を上書きすることもできます。いずれにせよ、保存したい場所をダブルクリックで選び、次のウインドウで「はい」を返すことでセーブ(「いいえ」でキャンセル)します。

データ・ロード(読込) +

データ・ロード画面

 セーブしたデータを読み込む画面です。セーブと同じようにダブルクリックでセーブ内容を選択し、次のウインドウで「はい」を返すことでセーブ(「いいえ」でキャンセル)します。

文章履歴画面 +

文章履歴画面

 立ち上げまたはロード以降、いままで読んできた文章を、さかのぼって確認することができます。右側ボタン群は、上から

  • 履歴の先頭へ
  • 一行前へ戻る
  • スクロールバー(ボタンを上下させて操作します)
  • 一行先に進む
  • 履歴の最後へ
  • 履歴画面から出る(ゲーム画面に戻る)

     ……となっています。なお、色の変わった(薄茶色)部分は、クリックすると音声を再生することができます。

このゲーム独特のシステム +

 以下、このゲーム独特と思われる点につき、簡単に触れてまいります。

二画面にわたるせりふ +

一画面目
二画面目

 上のように、一つのせりふが二画面にわたるケースが結構多く出てきます。このような場合、声優さんの音声をききながら、適宜左クリックしてください。二画面目が表示され、せりふ音声はそのまま続行します。

視点別ウインドウ(色を変えて表示) +

主人公以外の視点で話が進むときの文章ウインドウ

 いままでの画面とどこか違いませんか? そう、主人公以外の視点で話が展開する場面については、名前表示欄の横などにあるピンクの部分が緑に変わり、視点が変わっていることを知らせてくれます。細やかな気配りが嬉しいですね。

好感度上昇! のお知らせ(サインと音) +

好感度がアップしたときの表示例

 攻略が微妙に難しい、といわれるこのメーカーのゲームですが、今回は好感度の上昇が画面のようなサイン*5と音(効果音)(こちらからお聴きになれます(MP3形式))とでわかるようになっています。攻略する上で、大いに参考にしてください。

画面エフェクト +

 少女マンガ的な雰囲気を出すために凝りに凝ったエフェクトは、このゲームの見どころのひとつでもあります。天候関係はこのメーカーでは以前からですが、キラキラとか、赤面*6とか、なかなかしゃれたエフェクトがありますので、ぜひお楽しみください!(エフェクトの結果自体は、ここでは公開しません。あくまでもゲーム[体験版を含む]にて!)

第一話スキップ +

第一話をスキップしますか?の選択

 一度でも最後までプレイ(どのルートでも良い)したあと、メニュー画面で「初めから」を選択すると、「第一話をスキップ出来ます スキップしますか?」というポップアップが出てきます。お好きなように選択していただいてかまいませんが、第一話の面白さも、この作品の捨てがたい魅力であると思います……。

それでは…… +

 ゲームシステムの説明は以上です。それでは、存分に「処女(おとめ)の園」の雰囲気をお楽しみください。


 【お断り】このページにて紹介している画面の一部において、文字をデフォルトのフォントではなく、「Default Font Changer」を用いて「70:はばたきフォント(旧名:鞦韆堂フォント)」にて表示しています。「Default Font Changer」は実行可能ファイルなどをHackしますので、自己責任で使用してください。「70:はばたきフォント」については、利用規約を守って使用してください。

 

作品関連情報・解説系:メニューに戻る

「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップにもどる

(最終更新日:2008-06-09 (月) 15:21:36.)



*1 ちなみに念のため:file学生証明書
*2 こら、そこ、「チラシの裏」だなんて言わない!
*3 が、キャラクター紹介に誤植多数……orz
*4 特に終わりに近づいてからが面白い!
*5 「→」は管理人がわかりやすいように付け加えたもの
*6 赤面エフェクトの直前に、一度動きが止まったように見えるのは、仕様というか、わざと狙って間をおいていますので、念のため

「おとボク」まとめサイト v3.1 (c)2005-2015 takayan All rights reserved.
powered by : PukiWiki lsx,contentsx aapro.inc.php
Convert_Cache HP内全文検索エンジンmsearch
RSSWriter Web Patio / Message Enquete ThemeMail
Web拍手公式サイト 半登録制マルチスレッド式掲示板
TeaChat [ウェブ・プロテクション] スクリプト・ゲイト