「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップ >> 作品関連情報・解説系 >> 既知の不具合

既知の不具合 +

プレイする前に…… +

 プレイ前に、DirectXのバージョン(前提は8.0以上)を確認しておきましょう。確認方法は下の(2)を参照。不安な方は、これをいい機会としてアップグレード推奨。Microsoft ダウンロード センターからどうぞ。……って、そういえばインストーラのメニューにもあったような


CD版(初回限定版、通常版)限定の不具合 +

 以下のような症状が発生する場合、パッチをお試しください*1


DVDフルボイスバージョン限定の不具合 +

 音楽が変わるときにノイズが出る、という事象が報告されていましたが、これに関するパッチが出ています。症状に当てはまる方は、パッチを適用してみてください。

 ほかにも出てきましたら、ご報告します。


PC環境設定のヒント +

 スペックの十分でないPCでプレイした場合、オープニングムービーがなかなかスタートしない(数分待たされる場合も)、という事象が発生しています。うまくムービーが表示されないときの推奨設定は、

 (1) マルチメディアまたは画面のプロパティでハードウエアアクセラレーターのパラメーターを調整する。

 たとえば「設定→コントロールパネル→マルチメディア→詳細プロパティ→パフォーマンス→ハードウェアアクセラレーター:【なし】」とか。私のPC=WinXP Pro+ATI Mobility Radeon=では「デスクトップで右クリック→プロパティ→設定タブ→詳細設定→トラブルシューティング→ハードウェアアクセラレーター」とのことです。
参考までに、私の設定はこんな感じ↓。

ハードウェア・アクセラレーター設定画面イメージ

 (2)「DirectX診断ツール」を実行し、ハードウエアサウンドアクセラレータレベルを調整する。

XP型メニューでの「ファイルを指定して実行」

または

XP型メニューでの「ファイルを指定して実行」

↓ ファイル名に「dxdiag.exe」と指定して「OK」。

ファイル名に「dxdiag.exe」と指定して「OK」

↓ 下のような画面が出てくる。

DirectX診断ツールの初期画面

↓ 「サウンド」タブを開き、「ハードウエアサウンドアクセラレータレベル」を右から2番目の「標準」目盛りに。

DirectX診断ツールの「サウンド」画面:調整後

 (3) 【注意】Windows XP SP1の人のみ(SP2にしている人は読み飛ばしてください)、Microsoftからのパッチがあります。
 紹介のためのビデオ クリップが再生されるとゲームが応答を停止 (ハング) するか予期せず終了するも参照し、必要ならパッチをインストールします。

 これらのすべてを試してもうまくいかない場合、問題の内容と、使用H/W・S/Wの情報(できれば(2)の画面で「情報をすべて保存」を選び、出力されたテキストファイルの内容を切り貼り)して、メーカー公式サイトのメールフォームからサポートを依頼しましょう。


【2005/05/02追加】yutaさんから情報をいただきました。
 Windows 98環境では、DirectXを9.0にすると、頻繁にフリーズする。DirectXを8.0に戻すと問題なく動く、とのことです。
情報ありがとうございます!

 

作品関連情報・解説系:メニューに戻る

「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップに戻る

(最終更新日:2006-10-11 (水) 10:38:24.)



*1 DVD版はこのパッチが当たった状態になっています

「おとボク」まとめサイト v3.1 (c)2005-2015 takayan All rights reserved.
powered by : PukiWiki lsx,contentsx aapro.inc.php
Convert_Cache HP内全文検索エンジンmsearch
RSSWriter Web Patio / Message Enquete ThemeMail
Web拍手公式サイト 半登録制マルチスレッド式掲示板
TeaChat [ウェブ・プロテクション] スクリプト・ゲイト