「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップ >> プロジェクト「お姉さま」:「おとボク」をもっと多くの“お姉さま”方に! 企画ページ

プロジェクト「お姉さま」:「おとボク」をもっと多くの“お姉さま”方に! 企画ページ +

 「処女(乙女)はお姉さまに恋してる」という作品には、もっと女性のファンが多くいてもいいはずだ! と思う人たちが集まり、行動するための企画ページを作りました。とりあえず下に企画書を掲げておきます。
 賛同される方は、メールフォームにて、以下のようにご記入の上、送信してください。管理人側で内容を確認の上、このページにて投稿内容を公開するものといたします。
 なお、メールフォームに記載された内容は、(1)(2)に記載する目的以外には使用せず、管理人の責任において厳重に管理いたします。
 (1) このサイトに投稿内容を公開する。ただし、メールアドレスは非公開とします。
 (2) メールアドレスを、賛同受付メール、ならびに「おとボクまとめサイト」管理人からこの企画に関わる連絡を行うために用いる。

  • メールフォームへの記載内容
    • 件名:“プロジェクト「お姉さま」”の文字列を含めてください。例えば、“プロジェクト「お姉さま」に賛同します。”など。
    • お名前(必須、ハンドルネーム・ペンネームで可)
    • メールアドレス(必須、非公開ですのでご安心を)
    • サイトURL(Webサイトをお持ちでLink可の場合)
    • メッセージ(《「おとボク」を女性の間に広めることに関して思うことを簡潔に》。
      ※なお、賛同者を女性に制限することはいたしませんが、女性以外の方はメッセージ内にてその旨自己申告をお願いします。)

プロジェクト「お姉さま」:「おとボク」をもっと多くの“お姉さま”方に! 《企画書》 +

企画の概要 +

 「おとボク」というコンテンツの女性への浸透度を高め、女性ファンを増やすべく、賛同者を集め、その中から任意での二次創作その他の活動を通して、女性たちに対して「おとボク」の魅力を喧伝していきます。

 まずは公式ノベライズ『乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール』(特に推奨=次善はコミカライズ版の『乙女はお姉さまに恋してる』)という、女性からも作品世界にはいりこみやすい媒体を入り口とし、そこからできれば原作(PC版、PS2版)にも興味を持っていただき、最終的に「おとボク時空」を愛好していただこう、という手順で進めます。原作ゲーム側のドラマCD『処女はお姉さまに恋してる〜晩夏(なつ)秋桜(コスモス)初秋(あき)茉利花(まつりか)〜』も女性にお勧めできます。

 もちろん、このようなPRを通して、女性に限らず、一般に対するこの作品の浸透度を高められれば、それに越したことはありません。

企画コンセプト +

 「処女(乙女)はお姉さまに恋してる」という作品は、原作がいわゆる「18禁美少女ゲーム」であることから、その存在について、一般への浸透、特に女性層へのそれが極端に少なくなっています。しかし、この作品が持つ世界観や雰囲気、それを醸成するテキストが実現する「美少女ゲームなのに美少女ゲームではない世界」、そして主人公「宮小路瑞穂」の魅力は、むしろ女性にこそ大いに楽しんでもらいたい、と言えるものです。このことについては、私自身が「『おとボク』の萌え構造」でも第一章/第五節を中心に記述しています。

 ところが、このタイトルに関しては、いままで「女性向き」というコンセプトでのPRならびに取り上げ方をされたことがなく、そのタイトルから受ける(悪い方の)イメージと合わせて、一般の方々、特に女性たちに対して「多くの誤解」を与えてきてしまっています。
 この「誤解」を解消し、この作品の世界観に賛同する女性の数を増やしていくことが、この作品がさらに多くの人から末永く愛されていくための必須条件になっている、と「おとボクまとめサイト」管理人は考えています。

 そこに登場したのが、原作シナリオライターが自ら執筆した二次創作作品を拡張し、あえて全年齢向けに書かれた公式ノベライズ『櫻の園のエトワール』です。この公式ノベライズは、原作ゲームが持つ独特の世界観や雰囲気*1を大切にしながら、“主人公”卒業後の世界を上手に構築しました。そのため、原作から脈々と流れる「おとボク時空」の心地よさを存分に生かし、その中で登場人物同士が「暖かい心の触れ合い」を通して「強い絆」を築き「確かな想い」を共有していく、という流れがきちんと実現されています。
 この作品は「一般向け」で「エロ」が存在しないことが明確なことから、女性向けとして非常に適した媒体であり、「おとボク」への女性人気を高める格好の材料になっていることは、もはや疑う余地がありません。

 そして、この作品が一般向けに発売されたことで、原作ゲームの発売から三周年を経て、『おとボク』という作品にとって新たな地平へと到達できる可能性が示されました。それは、『おとボク』なる作品を、そのタイトルや設定に基づく「偏見」から解放し、その真の世界を知らしめることができる、ということです。それはまた、『おとボク』がいよいよ一部男性オタクだけのものでなく、広く一般に愛好される作品へとステップアップできる、ということでもあります。このチャンスを逃さず、『おとボク』という作品の本当の魅力をより多くの人に伝えるために、このプロジェクトは企画されました。そしてこれから、多くの賛同者を得ることで、その活動はいよいよ本格化していきます。

賛同者の皆さまにお願いしたいこと +

 まずは、まわりの方(特に女性、いなければ「おとボク」をご存じない、でもライトノベルまたは「おとボク」の属する周辺ジャンルに興味を持つ男性)に、公式ノベライズ『櫻の園のエトワール』をお読みいただくことから始めてください。在庫がないなら、コミック第一巻あたりでも構いませんが、できるだけ入り口は公式ノベライズでお願いします。その理由は、公式ノベライズが見事に再現した原作の世界観・雰囲気にこそあります。

 ついで、相手がその中身に興味を持ち、その世界観・雰囲気をもっと味わいたい、と望むようであれば、原作ゲーム(PC版、PS2版)をプレイされたり、原作ゲーム側のドラマCDをお聴きいただいたりするようお薦めしてください。決して強制してはいけません。ここはあくまでもお相手の自由意思で。

 その上で、お相手の方がこの世界観・雰囲気をすっかり気に入ったようでしたら、今度はその方を「賛同者」として巻き込んでください。

 また、お好みに応じて、「おとボク」や「櫻の園のエトワール」に関する二次創作をしたり、Webサイトやブログなどに感想を書いたり、同盟を作るなどして、あなたなりの宣伝活動を行ってください。もちろん、このまとめサイトで何か出来ることがあれば、遠慮なく提案してください。実行可能な範囲で、面白いと思ったことはどんどん実行していきます。

※女性の方々への普及を考えていきますと、どうしても「Boys Love」の類での二次創作も出てくるものと思います。「おとボクまとめサイト」内で直接ご紹介することはできませんが、同人誌にまとめて頒布されたり、ご自身のサイトの中で展開されたり、あるいはSSを「SS投稿掲示板@おとボクまとめ」の「Boys Love系作品投稿専用スレ」にご投稿いただくなどして発表いただくことも歓迎いたします。みなさまの積極的なご参加をお待ち申し上げます!
※その場合でも、性的暴力を伴う内容はご遠慮いただけますと幸いです。

関連メーカーさまに対してお願いしたいこと +

  • エンターブレイン・ファミ通文庫編集部御中:本企画の趣旨をご理解いただき、『乙女はお姉さまに恋してる 櫻の園のエトワール』が切れ目なく供給されるよう、特段のご配慮をお願いいたします。
  • アルケミスト御中:本企画の趣旨をご理解いただき、『乙女はお姉さまに恋してる』PS2版ソフトが切れ目なく供給されるよう、特段のご配慮をお願いいたします。
    ※いまのところPS2版ソフトの新品はほとんど見あたらない状況です。中古なら在庫があるようですので、Amazon.co.jpYahoo!オークション、「まんだらけ」さんなどでお探しいただければ、と思います。

企画賛同者一覧 +

 賛同者の方から続々とメールをいただいております。ありがとうございます! このようにご紹介させていただきますので、どしどし名乗りを上げていただきたく、よろしくお願い申し上げます。

#1 「こずか」さん
 このような素敵な企画が誕生した事をとても嬉しく思っています。私も女性の『おとボク』ファンとして、管理人のtakayanさんと全く同じ意見です。
 もともとは18禁PCゲームですが、現在では、アニメやコミック版、ノベライズなども次々と発売され、またゲームとは違う魅力を持った『おとボク』の世界が、ますます広がったと思っています。
 私もこれからも友人の女性たちに、もっともっと『おとボク』の良さを広めて行きたいと思っています。 女性にしかわからない『おとボク』の魅力なども、もっと突き詰めて行きたいですね。
 ※ご自身のサイトでも紹介エントリーを作成いただきました。ありがとうございます!
#2 「あまの めぐみ」さん
 男性向けと思われがちな18禁PCゲームが源流の「処女はお姉さまに恋してる」ですが、女性が大事にしている人と人のつながり絆がとても丁寧に書かれている作品です。現実の刺々しさにふと自分を見直し、ゆったりとした時間を再確認させてもらえるこの作品をより多くの女性の皆様に知っていただきたいなと思っております。
 おとボクは現代の奇跡です。PCゲーム、4冊あるノベライズ、そしてコンシューマーゲーム、コミック。賛否両論あるアニメ版ですら、極めて丁寧につくられています。管理人さんではありませんが、もうおとボクのない世界にはもどれません。(このジャンル転びようがないんです)
 おとボクコスプレだけでつながる関係もいいけど、作品を熱く語るお姉さまとおとボクワールドを築きましょう。
#3 「碧津れんぢ」さん
 最近まで、自分がどのくらいまでおとボク二次創作をやっていくか見えなかったので見合わせていましたが、そろそろ限界です。
薫子が好きで!(笑)
 エトワールは、最近の百合ブームでは結構珍しい(と思う)「恋愛要素のない百合」が書かれてるのが、好感が持ちやすい所だと思います。
そして、作品に関係性、人間性、心理描写を求めるのが女性のファンの特徴だと思っておりますので、エトワールは元より、それを丁寧に描かれている本編ももちろん、人に自信を持って薦められ、良い感触を得られる事を確信しております。(というかもう二人に自発的にアニメを見せる、一人にコミックを読んでもらうことには成功。)
 私自身は二次創作屋なので、二次創作屋らしく愛情を注ぎ込んだ本を作ってちょろっとでも貢献出来たらいいなと思います。
#4 「あさの月」さん
 「おとボク」という素敵で面白い作品を女性に限らず、多くの人に知ってもらいたいと思っています。
 私も正直なところ、最初は偏見を持っていましたが、アニメを一度見て、即効でゲーム購入、あれよあれよとはまってしまい、二次創作にまで手を出す始末。ただ、「櫻の園のエトワール」後の展開が少なく、ちょっと寂しいです。
 ぜひ、皆さんで盛り上げて、「おとボク」の世界がもっと広がってくれることを願っています。
#5 「suoin」さん
 私はアニメ版からの出遅れファンですが、おとボクの世界にすっかりはまってしまい、抜け出せなくなってしまいました。
 管理人さんの「プロジェクト『お姉さま』」、大変すばらしい企画だと思います。
 これだけの作品に女性ファンが少ないのは本当に勿体ないです。
 世知辛く、殺伐としたこのご時世だからこそ、おとボクのような暖かな世界が必要だと思います。
#6 「金田瀬里香」さん
 私の長い同人活動で最後に好きになったキャラクターが、瑞穂ちゃんでした。
 私自身も女子校出身ということもあり、あそこまで大げさではないにしろ、先輩への憧憬や恋愛に似た思慕の感情など経験しました。
 表面上は完璧である瑞穂ちゃんが女性としてまた人間として成長していく姿はとても好感がもてるものでした。
また遠い昔の高校時代に戻ったかのようにお姉さまに憧れ、学院生活を楽しみながらプレイしていました。
泣いて感動するというものではないのですが、心があたたまる感動というのもとても心地よいものだと思います。
 私もぜひとも多くの女性にこの安らかな気持ちを体感していただきたいと思うようになりました。
 私に残された時間は少ないものかもしれませんが、少しでもお手伝いをしたいと思い、今回宣言致します。

賛同者による企画 +

 今のところ考えているのは以下のことどもです(※実施することを確約するわけではありません)。

  • とりあえずバナー作成と賛同者サイトに貼り付けのお願い(「おとボク時空」のようないいネーミング、ないでしょうか? いやそのままでもいい、というなら流用しますが)。
    「プロジェクト『お姉さま』」バナー[黄中] by 碧津れんぢさん
    「プロジェクト『お姉さま』」バナー[桃中] by 碧津れんぢさん
    「プロジェクト『お姉さま』」バナー[黄小] by 碧津れんぢさん
    「プロジェクト『お姉さま』」バナー[青小] by 碧津れんぢさん
     ↑碧津れんぢさん@RUBYNIGHTMAREに作成いただいたバナーです。
    プロジェクト「お姉さま」仮バナー
     ↑仮バナーです。恐れ入りますが、どちら様もお持ち帰りの上ご利用ください。直リンクはできないようになっています。また、リンクする場合、リンク先はこのページ(http://takayan.s41.xrea.com/otoboku/project_one-30.shtml)にしていただきますよう、お願いいたします。
    ※仮バナーはキャラメルBOXさまご提供の「ファンサイトキット」のカット画像および「Y.OzFont Bold」使用。
  • 公式ノベライズ、「おとボク」PS2版、コミカライズ版を中心に、賛同者自身が魅力を語るページ(Wiki?)の作成(管理者も募集します=「おとボクまとめサイト」管理人は、ここではITアドバイザー止まりとします)。

終わりに +

 『おとボク』なるコンテンツは、「『おとボク』の萌え構造」にも書いたとおり、いったん作品の持つ魅力の虜になった人を掴んで離さない性質を非常に強く持ち合わせています。しかし、「アキバ系」の一部男性(従来のコア層)だけをターゲットとしていては、どうしてもじり貧に陥ってしまうのは目に見えています。そこで、従来のコア層とは違うタイプの方々にもご愛好いただき、いままでと違う視点からこの作品を見つめ直していただくことで、『おとボク』の魅力を拡大アピールしていく必要に迫られています。

 そこで、この作品のファン・コミュニティに新風を吹き込ませるべく、この企画を世に問うことといたしました。あらためてこの文章を読んで「そこまでさせる『おとボク』ってどんな作品?」と興味を持たれる方がいらっしゃれば、それだけでも十分にありがたいことではあります。もしそんなあなたが女性、あるいは女性向けエンタメ関連のお仕事をされているようでしたら、ぜひ一度『櫻の園のエトワール』をお読みになってみてください。その上で、再度このページにお戻りいただけるなら、企画者である私にとってこの上ない慶びです。

 最近、突然現れてヒットした作品について、「なぜこの作品がヒットしたのかわからない」という感想を非常に良く聞きます。ご多分に漏れず、というか、むしろ『おとボク』なる作品に関しては、その感想を耳にする機会が非常に多い、というのが正直なところです(「おとボク」が実現した「想定の範囲外(斜め上)」一覧ページを参照)。そのエッセンスがようやくうまく一般に見えるカタチで結実した展開がなされたことは、この作品にとってまたとない「大飛躍」のチャンスだと考えています。この機会に是非、この不思議な作品について改めて考える時間を、ひとりでも多くの方に作っていただければ、と思っております。

 この作品は、タイトルが非常に内容をよく物語っているのに対して、タイトルから来るイメージで損をしている面も持ち合わせています。しかし、後者はその内容に触れ、理解していくことで誤解を解いていくことが出来ます。そのため、この企画は出来るだけ多くの方にこの作品の世界観・雰囲気に触れていただくことからスタートしています。その趣旨をご理解の上、ご賛同・ご協力のほどを、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2008年3月3日 記念すべき雛祭りの日に 
企画発起人/「おとボク」まとめサイト管理人・takayan

「処女はお姉さまに恋してる」まとめサイト・トップに戻る

(最終更新日:2009-06-12 (金) 22:36:00.)



*1 作者ご自身はあとがきにて「空気感」と表現されています

「おとボク」まとめサイト v3.1 (c)2005-2015 takayan All rights reserved.
powered by : PukiWiki lsx,contentsx aapro.inc.php
Convert_Cache HP内全文検索エンジンmsearch
RSSWriter Web Patio / Message Enquete ThemeMail
Web拍手公式サイト 半登録制マルチスレッド式掲示板
TeaChat [ウェブ・プロテクション] スクリプト・ゲイト